ジュニアテニス

中高生が部活動で準備するアイテムはコレ!~硬式テニスの基礎知識(グリップテープ編)~

こんにちは。hirominです。

全く知識がないまま、部活で硬式テニスをはじめる場合、何を準備すればいいのか戸惑う中高生は多いのではないでしょうか?
先生や先輩にたずねて教えてもらえばいいのでしょうが、まだ気安く話しかけにくかったりと、なかなかハードルが高いですよね。また、教えてもらっても、専門的な用語等が理解できず、結局何のことを言われたのかさっぱり…という事、実は多いんです。
そんなテニス初心者の中高生のために、部活動で硬式テニスをはじめる際に必要なアイテムをご紹介させていただきたいと思います。

テニスラケットを購入したら、一緒にオーバーグリップテープを購入しましょう。

オーバーグリップテープとは?

テニスラケットには、グリップ部分に最初からグリップテープが巻かれています。
これは、リプレイスメントグリップテープ(アンダーグリップとか、元グリップ等色々な呼び方があるようです)といい、簡単には剥がせないような仕様になっていいます。
そのままプレイしてももちろん良いのですが、長く使っていくにつれてグリップテープが汚れたり吸汗性がなくなり、汗で滑ってラケットがすっぽ抜けたりするようになります。
このリプレイスメントグリップテープも張替は出来ますが、値段が高いため何度も張替するとコストがかさみます。
オーバーグリップテープは、上から巻き付けて使う事でこのリプレイスメントグリップテープを保護する役割をもち、また、厚めに巻く事で細めのグリップを自分の手に合うよう調整も出来ます。
グリップテープの巻き替えというと、通常はこのオーバーグリップテープの事を指します。

オーバーグリップテープの種類

オーバーグリップテープには、ドライタイプウェットタイプとがあり、更に凹凸のあるものや穴あきタイプのもの等、様々な種類があります。

ドライタイプ

触った感じはサラサラしていて、滑りが良いのが特徴です。
普段から手汗をかく人や、夏の汗をかきやすい時期におすすめのグリップテープです。
汗を吸収する事でグリップ力があがり、とても握りやすくなります。

ウエットタイプ

ドライタイプと対照的に、日頃からあまり手に汗をかかないプレーヤーなら、ウェットタイプがおすすめです。張り付くような触り心地で、握力の弱いジュニアや女性でも、ラケットかすっぽ抜けることなくしっかりと握る事ができます。
どのタイプを選ぶかは好みによりますが、多く使われているのはウェットタイプです。

そのほかにも、グリップに小さい穴が空いているものや、凹凸のあるもの、更にウエットやドライタイプを組み合わせたものなど、さまざまなタイプがあります。

まずは気になるものを試してみて、自分にあったグリップテープを見つけてみて下さい。

グリップテープの取替時は?

グリップテープを取替える時期についてですが、基本的に以下のような問題が起こった時に取替えれば問題ありません。

  • 汚れてきた
  • 擦り切れ・破れてきた
  • ウェット感(ドライ感)がなくなってきた

部活などで毎日ラケットを握っている場合、約1ヶ月前後が取替え時かなと思います。
ですがこれは個人差があり、スピンを多用したりハードな練習をする方ならば2~3週間、
週に1、2回程度の練習なら3ヶ月以上もつ場合もありますし、気分転換も兼ねて試合前に取替えたりする事もあるようです。
もちろん、使用に何の問題もないようでしたら、必要以上に巻き直す必要はありませんよ。

グリップテープの巻き方

テニスをやっていく上で、グリップテープの取替は必須となるため、グリップテープの巻き方は学んでおきましょう。ネットで検索すれば写真や動画がたくさんアップされているので、それらを参考にしながら、まずはゆっくり時間をかけて構わないので、自分で巻いてみましょう。(蒔き直しも出来ますので焦らなくて大丈夫ですよ)
慣れてくれば数分でスルスルと巻けるようになります。
ちなみに、我が家の息子くんは中学生になってから自分で巻くようになりました。
最初は20~30分はかかってましたね。。。

オススメのグリップテープ5選

カラーも豊富にありますので、色々と試すうちにお気に入りが見つかると思います。
ここでは人気のグリップテープをご紹介します。

ウィルソン プロオーバーグリップ(ウエット)
錦織圭選手が愛用しているグリップテープ(ホワイト)です。
1本入や3本入り等パッケージもカラーも豊富です。
カラーによって伸びに若干の差があるようです。

Wilson(ウイルソン) テニス グリップテープ PRO OVERGRIP (プロオーバーグリップ)
created by Rinker

 

ヨネックス ウェットスーパーストロンググリップ(ウエット)
ヨネックスの凹凸入りグリップテープです。
汗をかいても滑りにくく丈夫で、鮮やかなカラーが揃っています。

YONEX ヨネックス ウェットスーパーストロンググリップ AC133
created by Rinker

 

ヨネックス ドライスーパーストロンググリップ(ドライ)
ドライタイプのグリップテープです。
カラーは限られますが、夏場や汗をかく人にはおすすめです。

ヨネックス(YONEX) テニス グリップテープ ドライスーパーストロンググリップAC140
created by Rinker

 

ミズノ テニス グリップテープ スタープリント(ウエット)
女の子におすすめのプリント柄のグリップテープです。
ハート柄やドット柄、ストライプ柄があります。

MIZUNO テニス グリップテープ(スタープリント) 63JYA843
created by Rinker

 

ヨネックス ウェットスーパーデコボコツイングリップ(ウエット)
凹凸と穴あきメッシュの効果でグリップ力が高まります。
汗で滑って良くラケットがすっぽ抜けてしまうなら試してみてください。

YONEX(ヨネックス) ウェットスーパーデコボコツイングリップ AC134
created by Rinker

 

まとめ

いかがでしたか?
今回はラケットのオーバーグリップテープについて説明しました。
アンダーグリップの保護の為にも、ラケットを購入したら、一緒にグリップテープも購入して、自分で巻いてみましょう。最初は難しく感じるかもしれませんが、何度か巻いているうちにスルスルと巻けるようになります。

ラケットに合わせてカラーを変えてみたり、練習を積むごとに色々と試してみて、自分に合うものを見つけて、マイラケットを完成させましょう。